すべてB'z~たまにB'z以外~

音楽ユニット「親戚グルーヴ」のコンポーザー"ヒロ・ヴィシャス"が大好きなB'zの楽曲群をデビュー曲~年代順にシングル・アルバム曲を1曲ずつレビューしていきます

I GOT THE FIRE

アルバム「ROCK'N ROLL STANDARD CLUB BAND」
1曲目「I GOT THE FIRE」

1970年代前半〜中盤にかけて活躍したアメリカ合衆国のハードロックバンド「Montrose(モントローズ)」のカバー曲。
ヴォーカルのサミー・ヘイガーは、ヴァン・ヘイレンの2代目ヴォーカリストとしてあまりに有名な話。

バンドメンバー
Vo.生沢佑一
Gt.松本孝弘
Ba.明石昌夫
Dr.樋口宗孝

生沢氏のヴォーカルから曲が始まり、炎が出そうなくらい熱いロックなギターリフ→凄まじいドラムフィル→ギターとベースユニゾンのグルーヴに生沢氏のシャウトが入る所は、メチャクチャカッコイイ、テンション上がります。熱のこもったロックスピリッツを感じ、これぞハードロック!って感じです。
この楽曲の聴きの1つは、所々入るバンド隊のユニゾンブレイクショット、これがとにかく迫力があって超気持ち良い。

疾走感溢れる8ビート、ギターコードを鳴らすシンプルなバッキングに、ロックなヴォーカルが乗ります、日本のフィーリングとは違うメロディー、これぞアメリカンフィーリング。

ギターソロ、松本氏独特のタイム感が発揮されてます、こういうアメリカンフィーリングのソロを弾かせるとホントに上手い。

本アルバムを聴いて、「生沢佑一」というヴォーカリストの存在を始めて知りました、それまで外人が歌っているのかと思っていたので、日本人と聴いてかなり驚きました。
ホントに上手く歌うんですよね、声質もハスキーで英語の発音も上手い。
最近でいえばアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌を歌ったキングクリームソーダというグループに参加している事で知られているのはないでしょうか、コブシの利いたヴォーカルを聴く事ができます。

 

そしてドラムの樋口氏、ホント樋口氏のドラミングが個人的にツボで、海外のドラマーと匹敵する凄まじいパワーと存在感を放ってます。
松本氏と樋口氏の共演は私にとって涙モノです。

 

f:id:kanachiha:20201208071129j:plain