すべてB'z~たまにB'z以外~

音楽ユニット「親戚グルーヴ」のコンポーザー"ヒロ・ヴィシャス"が大好きなB'zの楽曲群をデビュー曲~年代順にシングル・アルバム曲を1曲ずつレビューしていきます

LIFE FOR THE TAKING

アルバム「ROCK'N ROLL STANDARD CLUB BAND」
7曲目「LIFE FOR THE TAKING」

アメリカのシンガーソングライター"エディ・マネー"のミディアムのロックナンバー。

Vo.生沢佑一
Gt.松本孝弘
ba.明石昌夫
Dr.黒瀬蛙一
key.増田隆宣

イントロ、ミディアム8ビートをバックに奏でられる哀愁漂う、渋いギターフレーズが何とも素晴らしい、中盤の渋くてエモーショナルなギターソロもgood。
中域のハスキーボイスで終始、哀愁たっぷりに効かせるヴォーカルが最高に渋い。

このカバーのヴォーカルは生沢氏、さすがの歌唱力。
緩急がさほどないメロディーをこれだけ味わい深く、洋楽ミュージシャンに寄せて歌えるのってホントに凄いと思います。

松本氏はこういう味わいのある渋いエモーショナルプレイもお手の物、さすがですね。

こちらは原曲です。


Eddie Money - Life For The Taking

f:id:kanachiha:20201208071129j:plain